自己処理は危険!すぐやめるべき!

「すべすべぴかぴかの肌と呼ばれたい」

女の人ならば例外無く願っていることではないでしょうか?

だけど、エステティックサロンや永久脱毛というのは、少しハードルが高いといった人も少数ではありません。そういう訳で楽々でコストもかからない、剃刀等々のセルフケアを行ってしまう女の方が結構見られます。

原則的にはセルフケアはコストがかからずに、家でも実現可能ですが、やっぱりトータル的に検討したとき、マイナスポイントがいっぱいあるのが真実でしょう。

セルフケアの一番大きなマイナスは、これを永遠に継続し続けないとならないというところです。どんな技法で取り除くにしても、毎度のことながら素肌に対するプレッシャーが生じます。

わきのムダ毛をたいてい毎日シェービングをしていたら、20過ぎの時点では脇に色素沈着が出来ているはずです。その都度は際立つ外圧じゃなくても、プレッシャーを溜め込むという事から肌質が壊れていくはずです。

どうせなら早めにエステとかクリニックで脱毛を終わり、素肌をセルフケアから救済してあげると賢明ですね。

剃毛するっていうのはとにかくヤバイ

剃刀は体毛と併せて肌の角質も削るもので、炎症やカサつきの要因となります。

ピンセットであると表皮を削らずに済むのですが、1本ごとに結構な苦痛ですし、体毛が半ばで切れると埋没毛を招きかねません。

埋没毛と呼ぶのはムダ毛が毛孔の間に切れ、再度生えてくるタイミングで表皮の下にとどまった状況です。排除するには表皮を損傷せざるをえず、出血することも多々あります。

加えて、引っ張り抜く度に毛孔が開けてしまうので、ピンセットのせいで炎症が避けられない可能性も大きいのです。痛んでをしまった毛孔からは、この次一層太いムダ毛発毛して来るとも公表されています。

エステティックサロンに通えば・・・

エステティックサロンの施術をされていたら、セルフケアは非常に負担が少なくなります。うまく行けばパーフェクトに解放されるかも知れません。

また、施術中に関してはムダ毛のセルフケアを極力控えるよう言及されるのが一般的と言えます。欠かすことが出来ない時は、安全カミソリで剃毛する位ならOK、と記載されているエステティックサロンがほとんどですね。

他のセルフケア、具体的に言うとピンセット、脱毛器、抑毛クリームなんかは制止されるはずです。本来はこういうセルフケアは、高リスクもあるものです。

本当のところは、剃刀で剃毛するのも取りやめにした方がいい程です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です